にゃんこな1日

にゃんこビールの、にゃんこな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀山祭九月大歌舞伎

急遽、夜の部を見に行くことに。

一、猩々
二、俊寛
三、鐘ヶ岬
  うかれ坊主
四、引窓

今回は三階の一番後ろ(とはいえ列が少ないのでよく見えます)
役者の顔ははっきり見えずとも、踊りや芝居全体がよく見えて「良し」でした。

「猩々」は寝てしまって…(長唄が気持ちよかったんですもん)

吉右衛門丈の「俊寛」は初めて。
と、いうかあまり「俊寛」を好んで見ないので。
ただこの俊寛はすごい元気でした。
赦免船が見えたときは喜びのあまり四人でぴょんぴょん跳ねちゃうし(笑)
でもお兄様・幸四郎丈よりも好きな俊寛、かな。

「鐘ヶ岬」と「うかれ坊主」は踊りです。
やっぱり踊りは舞台全体が見渡せる方がいいです。
お年を召されたお姫様でも娘に見えますし(爆)
ただ五月に松録丈の「うかれ坊主」を見たので、ちょっと動きに差が…
いやはや年の差を考えれば仕方ないことです。
一年に何度も同じ演目をやればどうしたって比べてしまいます。
舞踊はいくらだってあるだから、考えた方がいいと思うんですけど…
なんでしょう?大道具とか衣装とかオトナの事情なんでしょうか。

「引窓」は初めてかもしれないです。
親子兄弟の義理と人情のお話。
染五郎丈、松録丈、孝太郎丈でした。
染五郎&孝太郎のカップリングもなかなかよろしいのでは?
若手も頑張っててとってもよかったです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://7nyanko.blog69.fc2.com/tb.php/273-2299c6ec

 | HOME | 

プロフィール

にゃんこビール

Author:にゃんこビール
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。